猫の手1.0 リリースしました。

ぴぃちゃんは昭和の香り漂うツンデレな猫でした。
ある日開け放した窓からふらりとやって来て、
ふらりと消えていきました。

指を噛まれたり、顔を引っ掻かれたり
さんざん理不尽な仕打ちを受けたものですが、
次第に私の作業机と膝の上がいちばんのお気に入りの場所になりました。

同じ餌が三日続くと見向きもせず口をつけようともしません。
自分が甘えたい時だけすり寄ってきて、気が乘らないと呼んでも素知らぬ顔でした。
そのくせ娘のチビが私に甘えると本気で威嚇して追い払ったりもしました。

ぴぃやチビと過ごした日々はかけがいのない大切な時間になりました。
ぴぃちゃんの想い出と失われゆく昭和の香りを添えて「猫の手」1.0をリリースします。

すべての動物と家族とともだちや生きものや妖怪たちを愛する人に。
猫の手ネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です